無申告・期限後申告の報酬体系について

こんにちは。札幌の税理士の吉田です。

無申告・期限後申告の新陽税理士事務所の基本料金について書きたいと思います。(下記の金額表記は全て税抜金額です。別途消費税がかかりますので、ご留意ください。)

法人税申告・所得税申告の基本料金

これらは年商別に基本料金を決めさせていただいております。

チェックするボリュームや税務案件の難易度など、ほとんどの場合年商規模の大小が影響してきます。

料金の方は当サイトに詳しく書かれていますので、報酬体系はこのブログ末尾にリンクを貼りますので、そちらでご確認お願いいたします。

1年度分の最低料金は、法人は150,000円から、個人は120,000円からです。

法人の方が個人よりも高いのは、法人の申告書の方が作成する枚数が多く、その事務負担として金額が違ってきております。

個人の方の事業所得以外(不動産所得や譲渡所得)に関しては別の報酬体系となります。

消費税の申告料金

まず、消費税の納税義務があるのかどうかですが、原則的には消費税のかかる収入が1,000万円を超えた2年度後にかかります。

消費税の納税義務のある年度については、初回のご面談時にお伝えします。(帳簿処理して新たに発見することもありますので、ご了承願います。)

1年度分の料金は、原則(本則)課税という方法なら30,000円、簡易課税という方法なら10,000円です。

簡易課税で申告するためには事前に届け出が必要になりますので、無申告者のほとんどは「原則(本則)課税」という方法になる場合が多いです。

記帳代行料

帳簿処理が初めてということだと思いますので、基本的には弊所で帳簿入力を行った方が良いと思います。(実際、ほとんどの方が記帳代行を弊所に依頼されています。)

記帳代行に関しては、基本料金に200仕訳分の処理が込みになっています。

ちなみに1つの仕訳は、例えば領収書1枚、通帳1行、などが1仕訳必要になります。

領収書や通帳が多い場合は記帳代行料が多きくなってしまいます。

あまりにも量が多い場合にはお値引きもさせていただいております。

次年度からは、料金を抑えるためにも、経営状態を把握するためにも、ご自身で経理できるようにご指導させていただくことも可能です。

年末調整・償却資産税

年末調整は、1年度につき、基本料金10,000円、人数加算が一人当たり3,000円です。

償却資産税申告は、1市区町村の1年度申告につき、基本料金5,000円、資産増減1件あたり500円です。

複数年の申告が必要になる場合

無申告の期間が1年などであればいいのですが、複数年無申告という方も多いです。5年を超える期間無申告である場合には、基本的に最長5年分の申告が必要になります。

そのため、新陽税理士事務所の決算報酬等も5年分必要になります。

複数年申告の場合、新陽税理士事務所にお支払いいただく報酬も高くなってしまいますので、一定のお値引きをさせていただいています。

年商規模、処理量など踏まえてお値引きさせて頂いています。

弊所にご依頼を検討されている場合の初回面談無料です。お気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

 

無申告・期限後申告のご相談は以下サイトをご覧ください。

札幌の新陽税理士事務所 無申告・期限後申告サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

ページ最上部へ