少しの勇気を振り絞ってご相談にいらしてください。

こんにちは。札幌の税理士吉田です。

今年も確定申告の時期が近づいてきました。

弊所はかなり多くの無申告脱出のサポートをさせて頂いています。昨年度は10件ほどサポートさせていただきました。

こと無申告案件に関しては、今までで20件以上、もしかしたら30件以上のお手伝いをしてきたかも知れません。

申告したいができない。その足かせになっている理由とは。

弊所にご相談いただいた方で、無申告になっている理由として多いのは、

・初年度申告しなかったから、複数年はどうやって申告していいかわからない

・いけないと思いつつもズルズルときてしまった。

・取引先に税務調査が入ってしまった。

・所得証明などの証明が取れない

というものです。

色々と理由があると思いますが、弊所にご相談に来られる方は、

「申告しなきゃしなきゃといつも不安に思っていましたが、勇気を振り絞って相談にきました」

という気持ちの方が非常に多いです。

悪いことをして一度隠してしまうと、ずっと隠してしまいたくなるもの

人間の心理として、「悪いことをして一度隠してしまうと、ずっと隠してしまう。」ということはあると思います。

税金の申告だけに限らずですが、誰しも「墓場までもっていく」ということはあるかも知れません。

やはり、気持ちの問題。

「税金がどれだけくるかわからない」

「税務署に怒られるのではないか」

怖いことが目の前にあればどうしても逃げたくなってしまいます。

無申告状態を続けるというのは、悪いことだとわかっていたとしてもです。

その心境はわかるような気がします。

とはいえ、私も税理士の立場上、こと申告に関しては、きちんと行って欲しいと思っています。

無申告で悩んでいる方も、きちんと申告したい気持ちがあるからこそ悩まれているのだと思います。

私たちが無申告解消のきっかけ作りをします。

弊所にご相談にこられる方で、半ば確信犯的に無申告状態を続けているという方は非常に少ないです。

税理士に相談したいと思われるくらいなので、解決したいという気持ちが非常に強いのです。

私たちもその気持ちはわかりますし、「なぜ申告しなったのですか?」とか、「なんて納税意識の低い人・・・」とは言いませんし思いません。

これからきちんと申告したいという前提で相談に来られているので、ご相談者様の気持ちはしっかりとくみ取っていきます。

私たちは税理士として、適正な申告をご相談者に促し、きちんと申告・納税できるような道筋を示していきます。

また、相談に来られたことで、腹は決まったという方もいらっしゃいます。

ずっと抱えてきた不安は、初回面談の時に全て吐き出してしまってください。精神科医ほどではありませんが、そういった心のケアも税理士の職業上大事なのだと思います。

ご相談に来られたからといって、必ずしも依頼する必要がありません。納税額が多額になるケースも多いので、私たちもきちんとご面談をさせていただき、解決方法を示した上で、お客様に申告するかどうかお客様ご自身に決めていただいています。

決して無理強いはしませんし、お客様ご自身が決められるように、そっと背中を押すようなイメージです。

守秘義務もありますので、ご依頼する・しないにかかわらず、どこにも情報は漏らしません。

まずは少しの勇気を出して、税理士に相談してみませんか?

税理士によっては、「無申告の人の相手はしていられない」という税理士もいますが、私たちはそうではありません。

今後しっかりと申告していきたいというお気持ちであれば、真摯に対応いたします。

弊所の顧問先様でも、以前は無申告だったがきちんと申告をされ、引き続き弊所にご依頼してくださっているかたもたくさんいらっしゃいます。今では後ろめたさはなく、集中して商売されています。

初回面談は代表税理士の吉田が対応しますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

すぐに無申告解消のご依頼をしたい方はこちらから。

https://s-keieishien.com/mushinkoku/

無申告に関する情報を集めたい方はこちらからどうぞ。

http://shinyou-mushinkoku.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

ページ最上部へ